投資物件アパートを探す|運営計画を立てる

高層マンション

効率の良い投資対象

不動産投資を始める人必見です!投資物件のアパートを購入をサポートしてくれる業者がこちらで紹介されているので、確認しましょう。

売却が困難と認識しておく

不動産

不動産投資における大きなリスクの一つである空室リスクを軽減するためには複数の投資物件を所有することが大切です。しかし、複数の投資物件を所有しようとすれば必然的に多額の資金が必要となります。しかし、木造のアパートを1棟所有などの形で所有すれば複数の投資物件が所有できる上に、マンションの1棟所有や複数のマンションで1部屋ずつ投資物件を所有する場合と比べて安価な資金で空室リスクの軽減を図ることができます。このような理由から、投資物件としてのアパートの1棟所有は人気の高い不動産投資のスタイルの一つなのです。しかし、木造建築であるアパートはマンションと比べると法定耐用年数が短いため、不動産価値が減少するスピードが早くなります。その結果、いざ売却しようとした際に想定以上に安い査定額しか得られなかったというケースも少なくありません。従って、アパートは購入金額が安価に収まる反面、売却時の査定額がかなりシビアになる投資物件であることを注意しておく必要があるのです。

次を見据えた運用計画

そのため、不動産投資の対象物件として1棟所有などの形でアパートの購入を検討する際には、売却時には土地の価値の分の額でしか売れないという前提を持つことが重要です。そして実際にアパートを売却する際には、土地の価値だけの額でしか売れなかったとしても損益分岐ラインを越えられる資金計画が成立するのか否かという判断基準を基に購入を検討する対象物件を吟味することが大切なのです。また、投資対象のアパートが収益力を失った際の選択肢には土地ごと売却するという選択肢の他にもいくつもの選択肢があります。例えば改めてアパートを建て直すという選択肢もありますし、コインパーキングなどの他の用途に土地を利用するといった選択肢もあります。そして大切なことは、投資対象であるアパートの収益力が弱まってしまった際の新たな土地の活用法を予め想定しておいて、そのために必要な費用もある程度算出し、その費用分をアパートからの賃料収入から賄うと仮定しても尚、損益分岐ラインを越えて求める利回りを確保できるという見込みが立てられるか否かに基づいて購入をするかしないかの判断をすることなのです。

老後の生活安定の為の投資

業者

不動産投資では初期投資の少ないアパート経営が人気です。マンション経営は初期投資が大きいので収益率が下がる可能性があるからです。特に老後の生活を安定させたい人に向いています。気をつけたいのは投資物件の探し方です。入居率の良いアパートを購入する場合、交通アクセスが良くて集客施設が近くにあるのが条件です。

負担なくリスクを抑えよう

業者

分散投資を行なうことで、リスクを抑えることが可能です。アパートは1棟を保有するだけで、十分に分散投資を行える特徴を持っています。分散投資を行っているにも関わらず、管理の負担が少ないのもアパートならではのメリットです。投資物件としてアパートを選択することで、安定した不動産投資を行えます。

選択を誤ってはいけない

不動産

投資物件として、アパートは区分マンションより優れています。1棟を購入するだけで、分散投資を行えます。また、減価償却費はアパートの方がより計上できるため、税引き後キャッシュ・フローが増加します。2つの点で区分マンションより優れているのが、アパートの魅力です。